世界を旅するフォト・エッセイ。
世界を旅するフォト・エッセイ。(pc-PC)
水上マーケット(Floating Market)1995,タイ王国



Floating Market, Thailand.
[1995/05] ダムヌンサドゥアック(Damnoen Saduak)水上マーケット。タイでもっとも有名な水上マーケット。 朝から昼すぎまでやっているマーケットでバンコクのホテルからツアーも 出ているため観光客もたくさん集まる。 他にもタリンチャン水上マーケットやアムパワー水上マーケットなどがある。

水上マーケット(Floating Market)1995,タイ王国

On the way to floating market.
2日目は早朝に集合し、バンコクから1時間ほどバスに揺られてバンコクの西側にある ダムヌンサドゥアック(Damnoen Saduak)水上マーケットに向かう。

延々と続く赤土の大地と林の緑の変わらない景色を見ながら、 舗装された道をバスに揺られていると段々眠くなってくる。

Damnoen Saduak.
へえ~。こんなのあったんだ~。

舟の上にガスボンベをのっけて火を使ってナームやパッタイなどのタイ料理も売っているし、 洋服や帽子、野菜や果物、タイシルクに木彫工芸品、磁器類、ココナッツなどなんでも 舟に乗せて売っている。

「ナーム一杯ちょうだい。」
と声をかけると器用に近くまで舟を寄せて、 陶器の器に入ったナームを渡してくれる。

タイシルクなども濡れてしまったら大変だろうに器用に扱って 「安くしとくから買わないか」とセールスしてくる。

タイシルクはバンコクより安いのか白人の女性が タイシルクを手に取って熱心に生地を確かめていた。

万国共通、女性は買い物が好きだね~。

souvenir.
舟の上だけでなく川沿いの建物の中でもお土産を売っていた。 色鮮やかな陶器の工芸品が目を引く。

アユタヤ(Ayutthaya)象乗り体験
elephant ride in Ayutthaya.
水上マーケットの視察を午前中で終え、今度は象乗り体験のためバンコクの北側にあるアユタヤに向かう。 結構移動時間が長い。

タイ人にとって象は特別な動物で、勇気と誇りの象徴でもあり タイ人は古くから象を大切にしてきた歴史があるそうだ。

日本人が馬に乗ってやっていたように、タイでは森に行く時にも象に乗って行ったり、 争いの場面でも象に乗って戦ったそうだ。

sightseeing.
他にも何か所か観光地を回りバンコクに戻る。

on the way.
この車間距離…。どうです? あと車の中をリヤカーが走ってる…。どうです?

タイ料理ディナー
dinner in Bangkok.
バンコクに戻り、レストランでタイダンスを見ながらタイスキ(タイの鍋料理) をライムや唐辛子、ニンニクのたれでいただく。

Thai dance.
…今回の旅では、僕は記事を書かねばならず、すごくメモをして写真を撮った。 3泊4日の短い旅だが、やはりパッケージツアーは無駄がない。

旅の専門家集団に混じっての旅で緊張もしたが勉強にもなった。

旅にはそれぞれテーマがあって、今回の旅では「カオサン通り」のような 裏路地的な場所には行かない。

「パッポン通り」のような怪しいお店にも行かない。

タイのいいところを見て回った。

ヒッピー時代は裏路地専門だったので分らなかった きれいな「Thailand」を切り取った旅行「魅せるためのパッケージツアー」。

何でもかんでも見せてしまうのがいいとは限らない。 今回の旅も勉強になった。


■バンコク・カオサン通りのホテル情報を…
 >> トリップアドバイザーで探す。
 >> エクスペディアで探す。
■バンコク・カオサン通りオプショナルツアーを…
 >> VELTRAで探す。

各エリアのアップデートな情報やこの記事へのご感想などご記入いただければ幸いです。





>> カオサン通りのホテル情報はココをクリック。

ダムヌンサドゥアック(Damnoen Saduak)水上マーケットの地図


【閑話休題】ライブバンド「ドクとく3(Poison and Medicine)」
旅とは全く関係ないが、 1996年から約5年間「ドクとく3」というバンドのギタリストをやっていた。

いいおっさんなのだが『L'Arc-en-Ciel』のHydeとは学年にして2つしか離れてないわけで 忌野清志郎さんや矢沢永吉さんのように生涯ロックンローラーという人は少なくなく、 60越えて「ロッケンロー!」って叫んでるおじさんはたくさんいる。

まあ、それを考えれば半分の年齢なのだから… まあ、いいっしょ。

[Original Play List(wma)]
嗚呼…青春のドクとく3
愛の水中花
憧れの三十路航路
憧れの三十路航路2
嵐のドクとく3
DAYS
ゲレンレゲエ
裸のまんまで…(作:ガリンペイロ)
Hectpuscul
In The Shape
マスメディア
マイラバ
おばあとロック
アウトドア
さらば…
サラリーマン
セクシャルハラスメントNo.1
スペチル(Special child)
THEE FRY
ワルツ1000年

ギターは小学校4年生の時に親戚の叔父さんからBeatlesの曲を フォークギター教えてもらったのがきっかけで、 エレキギターは中学校2年生でバンドを組んでから。

自衛隊に入ってからもバンドは組んでいて、 作詞作曲は高校2年生が初めてだった。

趣向としては「速弾き」とかに傾倒している。

ドクとく3の活動はでは、ライブハウスやお祭り、 障害者施設でのイベントなどというのもあって ギャラをもらって出演したものも少なくなく、 一番大きかったのは市町村主催のフェスティバルで、 プロのアーティストも呼ばれる3,000人規模のものだった。

…ヴォーカルが窓口というかマネージャー役なのだが 来る話は全部受けてしまうので、ギャラの有無にかかわらず ライブの予定はドンドン入ってくる。

最も活動していた時期は週に3本、一日2本のライブをこなして、 毎週毎週となってくると正直「音合わせ(練習)」などする時間が取れないまま、 新しい曲を渡されライブで一発勝負というのもあった。

…この頃、結婚出産というライフイベントもあったためさすがにこのスケジュールでは 仕事にも家庭にも支障をきたす。

一番キツイと感じたのは音源を渡された3日後にライブ。 仕事もほぼ泊まり込みみたいな時期で 「ソロパート」や「アレンジ」を する時間が取れなかった頃。 ドクとく3のオリジナル楽曲は30曲を越え、 後半の曲は中途半端なままのアレンジの物も多い。

やっぱり我々にギャラがあろうがなかろうがお客さんはお金を払って ライブハウスなり入ってくる訳で、 エンターティナーであるこちら側が充分な準備もせずに ほぼアドリブで演奏、 しかもちょっとバンド内の空気も良好とは言えないとなると 演奏も粗くなるし、MCもおかしくなっていった…

結局、何度か話し合いはしたが、 ライブ本数が減る事はなく、 僕は抜けさせてもらう事にしたのだが、 それと同時に「ドクとく3」名での活動もストップした。

まあ、ボーカルとの私的な関係がそれ以上悪化する事はなく、 普通に「友人」なんだけど、 未だに「ドクとく3再開しようぜ。」とやられるのはちょっとつらい…

まあ、そんなことがあっても…

…たぶん僕はギターも死ぬまで弾くんだろうな…

下手の横好きだけどね~~~。

タイ王国 現地オプショナルツアーを探す。

 ■サイト内キーワード検索
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】
Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】
Booking.com
海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】
agodaで検索!

コメント

[水上マーケット(Floating Market)1995,タイ王国]
ページトップへ
世界を旅するフォト・エッセイ。