| | 簡中 | 繁中

水上マーケット(Floating Market)1995,タイ王国

On the way to floating market.
2日目は早朝に集合し、バンコクから1時間ほどバスに揺られてバンコクの西側にある ダムヌンサドゥアック(Damnoen Saduak)水上マーケットに向かう。延々と続く赤土の大地と林の緑の変わらない景色を見ながら、 舗装された道をバスに揺られていると段々眠くなってくる。

Damnoen Saduak.
へえ~。こんなのあったんだ~。

舟の上にガスボンベをのっけて火を使ってナームやパッタイなどのタイ料理も売っているし、 洋服や帽子、野菜や果物、タイシルクに木彫工芸品、磁器類、ココナッツなどなんでも 舟に乗せて売っている。

「ナーム一杯ちょうだい。」
と声をかけると器用に近くまで舟を寄せて、 陶器の器に入ったナームを渡してくれる。

タイシルクなども濡れてしまったら大変だろうに器用に扱って 「安くしとくから買わないか」とセールスしてくる。

タイシルクはバンコクより安いのか白人の女性が タイシルクを手に取って熱心に生地を確かめていた。

万国共通、女性は買い物が好きだね~。

souvenir.
舟の上だけでなく川沿いの建物の中でもお土産を売っていた。 色鮮やかな陶器の工芸品が目を引く。

アユタヤ(Ayutthaya)象乗り体験

elephant ride in Ayutthaya.
水上マーケットの視察を午前中で終え、今度は象乗り体験のためバンコクの北側にあるアユタヤに向かう。 結構移動時間が長い。

タイ人にとって象は特別な動物で、勇気と誇りの象徴でもあり タイ人は古くから象を大切にしてきた歴史があるそうだ。

日本人が馬に乗ってやっていたように、タイでは森に行く時にも象に乗って行ったり、 争いの場面でも象に乗って戦ったそうだ。

sightseeing.
他にも何か所か観光地を回りバンコクに戻る。

on the way.
この車間距離…。どうです? あと車の中をリヤカーが走ってる…。どうです?

タイ料理ディナー

dinner in Bangkok.
バンコクに戻り、レストランでタイダンスを見ながらタイスキ(タイの鍋料理) をライムや唐辛子、ニンニクのたれでいただく。

Thai dance.
…今回の旅では、僕は記事を書かねばならず、すごくメモをして写真を撮った。 3泊4日の短い旅だが、やはりパッケージツアーは無駄がない。

旅の専門家集団に混じっての旅で緊張もしたが勉強にもなった。

旅にはそれぞれテーマがあって、今回の旅では「カオサン通り」のような 裏路地的な場所には行かない。

「パッポン通り」のような怪しいお店にも行かない。

タイのいいところを見て回った。

ヒッピー時代は裏路地専門だったので分らなかった きれいな「Thailand」を切り取った旅行「魅せるためのパッケージツアー」。

何でもかんでも見せてしまうのがいいとは限らない。 今回の旅も勉強になった。

■タイ王国のホテル情報を…
>> トリップアドバイザーで探す。

■タイ王国のオプショナルツアーを…
>> VELTRAで探す。



ラチャブリー ダムヌーンサドゥワック(thailand.)の地図

■サイト内キーワード検索
Booking.com
キャンプの日程調整ツール 調整さん