淡水老街傍のYouBike

台湾・新北市淡水。

他ではこれほどU-bikeがたくさん置かれている場所はないんじゃないかってほどたくさんのYoubike。

まあ淡水は台北でも人気のリゾートスポット。これだけたくさんのYouBikeが半分も残ってない…。

つまり、これだけ置いても利用されているってことね。

 

台湾・新北市淡水。淡水-商店街の空き家。

前にも説明したことがあるけど、台湾は基本的に大家さん(不動産の持ち主)と直接不動産賃貸契約を交わすので、こういう看板をあちらこちらで見ることができる。

台北の一等地でも同じような看板をあちこちで見かけたりする。

 

日本人の僕としては「え、こんないい場所空いてるの?」って不思議に感じるけど、この場所も淡水では結構一等地。

 

台湾・新北市淡水。淡水。

淡水の地元住民向けの市場「淡水市場」と呼ばれる清水街の中の寺院。

露店マーケットの続くこのストリートの脇に「あれっ、こんなお寺あったんだ。」。何回か通っているのに気づかなかった…。

 

台湾・新北市淡水。淡水-市場。

淡水市場(淡水マーケット)では正に何でもありで、衣服から海産物、肉類、野菜類、雑貨まで所狭しと露店販売されている。「わ、なに、こわっ、原始的、きたな!くさっ!」なんて声も聞こえそうだけど、あなたが昨日食べた、淡水では珍しい高級料理店のイタ飯屋のボンゴレもきっとここで仕入れたアサリを使用してますよ。

やはり市場は新鮮でいい物を扱っているから、こんなに賑わうんだね。

 

こちらのおじさま、きっとどこかの食堂のマスターなんでしょう。アサリを目の前にメッチャ粘って見てました。中国語では「市場で値切らないなら市場じゃない」的な言葉があるけど、ここではあまり粘って値切っている人見なかったな…。

中国大陸と台湾の違いかな…。よくわかんないや。

そういや僕自身、香港の女人街や中国ではめちゃ値切るのを楽しんでたけど、台湾では一回も値切ったことないな…。なんでだろ…。

 

淡水の食堂にて

台湾・新北市淡水。淡水の食堂にて。

台湾ではクーラーのないお店ってたくさんあって。

よく言えばオープンカフェ的な。

逆に言うと「クーラーの効いた店ねーかなー…」って探して歩いてたりする。特に庶民的な料金の店はクーラーがない。クーラーがあって座るところのある店は値段が高い。台北でもそうなんだから、地方の淡水ならなおさら。…とおもってたらあった。

この店、市場のある清水街から東正東路を横切った先(淡水大学側)にあるんだけど、かなり地元料金。店内も綺麗でクーラーばっちり。

 

台湾・新北市淡水。

例えば卤肉饭(ルーローファン・鲁肉饭)って半ライスくらいのサイズで30元くらいからたべられるので端的に値段をみたら高い感じがするけど、卤肉饭というのは主食感覚で、他に2、3品、副菜をつけて食べるのが普通なので、合わせるとやはり100元くらいにはなる。

その点ここでは副菜込みででてきて85元なので結局安い。

僕が頼んだのは「牛排(ステーキ)」の「総合酱」味。合わせて麺を頼んだらお店のおばさんが「この牛排、麺付いてるけど、本当にいる?」と聞いてくれた。

もちろんいらないっす。…んで出てきたのが下の写真。

 

台湾・新北市淡水。淡水の食堂にて。

卵焼きものってた。

メニューの横に「15元プラスでコーラ」と書いてたので、「おばちゃん、コーラ頂戴。」って言ったら「えー、セットだから勝手に冷蔵庫から取って。」って言われた。

…ん~。ミニボトルだけど、コーラだけでも買ったら30元くらいするはず。

結局めっちゃリーズナブルだった。

 

台湾・新北市淡水。淡水の食堂にて。

店内も結構きれい。

 

淡水の街を探索しているとちょこちょこ日本食のお店がある。

裏路地に日本式居酒屋見つけ、その夜行ってみると、まったく日本語通じず。

焼き秋刀魚なんかを頼むと、この店、日本人経営らしく、味はまったく日本の味。

 

台湾・新北市淡水。淡水の日本式居酒屋。

やはり、淡水は「码头(埠頭)」側も、市場も、街中も癒される~。

お洒落なお店もそこそこあるし(もちろん少し割高だけど)。

 



淡水(台湾・新北市)