北門 ポッシュテル WOW

大安区 忠孝敦化のゲストハウスを出て、MRT中山駅から徒歩15分ほどのベイメンWOWポッシュテルに向かう。

MRT中山駅の一番出口から出て南京西路を西に数ブロック進んで一回左折すればいいんだけど…。

めちゃ暑くて汗だくになる。

Google mapを片手にゲストハウス附近まで来たが小道が多く、どっかで間違えたらしく、

 

台湾・台北市。

こんな路地に入ったところで警察官二人にとめられた。

 

警官 「你在這樣的地方打算要做什麼呢?(君こんなところで一体何しようとしてんの?)」

僕 「我有可能迷路了…。(たぶん道に迷ってます…。)」

警官 「聽口音,你不是台灣本人嘛。(その喋り方は台湾人じゃないね)」

僕 「是啊,我是個日本人。(ええ、日本人です。)」

警官 「把護照給我看看吧。(ちょっとパスポート見せて)」

 

…まあいいんだけど、ここら辺歩いてたら薬の売人とかと思われちゃうわけ?

まあ、いい感じにさびれてるし、怪しい感もあるけど…。

 

パスポートと荷物をチェックされた後、バイバイという事になったので逆に

僕 「請等一下。我剛才說,我肯定迷路了。到這個旅館怎麼走?(ちょっとちょっと、さっきも言ったけど道に迷ってる。このホステルにはどうやって行くの?)」

 

そこは警官、アバウトにホステルの場所を教えてくれた。

 

台湾・台北市。

そんなこんなで看板発見。

 

台湾・台北市。

やっと目的の「ベイメンWOWポッシュテル」に到着。

…暑かった~。

後から分かったのだがMRT台北駅からだと一直線で10分ほどで着く。

MRT中山駅から来たのが間違いだった。

 

台湾・台北市。

受付。フロント?

 

台湾・台北市。

男女混合ドミトリールーム。

結構狭め。スーツケースもそこここに置かれ、靴も脱がれているので床面積が狭い。

…綺麗だけどもうここは寝るだけだな…。

 

台湾・台北市。

ワンベット+ワンロッカー+朝食。

トイレとシャワールームもこの部屋の中にある。もちろん綺麗だが狭い。

機能的といった方がいいかな。

 

台湾・台北市。

地下一階、共有スペースのダイニングルーム。壁には大きなテレビ。

カップ麺などの無人販売コーナーもある。

 

台湾・台北市。

その奥がキッチン。トイ。

このゲストハウスは夜はベッドルームが狭いため、みんなここに出てきて食事をしたり、テレビ見ながらビール飲んだりして寛ぐので比較的同宿人と仲良くなりやすい。

キッチンが自由に使えるので簡単な料理を作ってワイワイやってるグループもいた。

 

忠孝敦化のホステルはコワーキング付なのでみんなパソコン叩いてて騒げもしないし、あまり同宿人のコミュニケーションが広がらなかったけど、ここは真逆で旅人同士がつながる。

 

いや~、ここにロングステイすべきだったな~。

 

台湾・台北市。

朝食はこんな感じ。

パンと卵以外にもちょこちょこっとした料理が提供されている。

テイストがフランスみた~い。

 

台湾・台北市。

パンと卵は自分で調理して食べ、食べ終わったお皿やフライパンは自分で洗う。

 

台湾・台北市。

ソファー。ダーツ機も。

 

このゲストハウスで偶然、淡水で知り合ったスイス人のMitと再会。

僕の英語圏での呼び名が同じくMitなのだが、彼も僕もお互いを「Mit」と呼ぶからちょっと第三者にはややこしい。

 

この地下の共有スペースが居心地良くて、初日の夜Mitと一緒に外で飲んで帰ってきて、ここでビールを飲み直してたらはしゃいでしまったらしく…。

翌朝朝食の時、超美人のフランス人から

「昨夜はご機嫌だったわね~。」

と言われ赤面(汗)。美人から笑顔で言われたのでマジ赤面。

 

また別の親子連れの母親から

「昨日は娘がとっても楽しかったって言ってました。ありがとうございました。」

とも言われ…。

 

俺、一体全体何やったの…(汗)。

 

ちなみにこのゲストハウス、比較的西洋人比率が多い気がする。

 

北門ポッシュテルWOWの情報はここからbooking.comで


北門WOWポッシュテル(台湾台北市)