| | 簡中 | 繁中

パリ市内観光

昨日メトロの乗り方を下調べし、ある程度クセもわかったので、この日は少々落ち着いた気持ちで 朝を迎えられた。今日はかなり地下鉄での移動を繰り返す予定だ。 1件目の予定がメトロのせいで崩れたらきっと一日ブルーだろう。

ル カルティエ ベルシー-スクエア ホテルでの朝食をすませ「Rue des Pyramides(ピラミッド通り)」にあるマイバス社のオフィスに向かい 「パリ市内半日観光(日本語ガイド)」というツアーに乗っかった。

メトロ・ピラミッド駅

まずはザックリと「パリってどんな感じ?」というのを短時間で把握するにはこういった ダイジェスト・ツアーは効率がいい。

ルート的にはこんな感じ。
09:00 マイバス社出発
◇オペラ座
…1875年に完成したガルニエ宮の別称

オペラ座
◇ルーブル美術館
…フランス国立美術館で世界三大美術館のひとつ。
◇チュイルリ庭園
…1871年5月に焼失したチュイルリー宮殿の庭園。
◇コンコルド広場下車観光
…フランス革命時類16世とマリー・アントワネットが処刑された広場。Place de la Concorde。 当時は「革命広場」と呼ばれていた。
コンコルド広場のオベリスク
▲コンコルド広場のオベリスク
…エジプトのルクソール神殿から運んできたLuxor Obelisk(クレオパトラの針)
コンコルド広場の噴水
◇シャンゼリゼ通り
…パリで最も美しい通りとされ、歌でも有名になった。
◇凱旋門
…シャルル・ド・ゴール広場にありシャンゼリゼ通りを含む12本の通りが放射状にのびる事で知られる。 Arc de Triomphe。
凱旋門
◇シャイヨ宮
…セーヌ川を挟んでエッフェル塔の向かいにある大型展示会場。
◇シャン・ド・マルス公園下車
…パリ万国博覧会が開催された場所として有名。エコール・ミリテール(陸軍士官学校)と エッフェル塔の間にある。
エッフェル塔
▲エッフェル塔
◇アンヴァリッド廃兵院(オテル・デ・ザンヴァリッド)
…1671年にルイ14世が傷病兵を看護する施設として建設した。
◇ノートルダム寺院
…世界遺産。1804年12月2日にナポレオン1世の戴冠式が行われた。
ノートルダム寺院
◇ソルボンヌ大学
…第1~13まである大学群「パリ大学」のひとつ。第1、3、4大学がソルボンヌと呼ばれる。
◇カルチェラタン経由
…高等教育機関が集中する学生街。
◇モンマルトルの丘
モンマルトルの丘_サクレ・クール寺院
▲モンマルトルの丘_サクレ・クール寺院。
有名絵画のコピー
似顔絵描き
サクレ・クール寺院周辺のストリートは芸術色であふれる。
モンマルトルの丘に登るケーブルカー
▲モンマルトルの丘に登るケーブルカー。
…「芸術家の街」として有名でピカソやゴッホが暮らしたことで有名。モンマルトル墓地や サクレ・クール寺院を有する。
→ケーブルカー …メトロのチケットで乗れます。
→サクレクール寺院入場 …ロマネスク様式・ビザンティン様式のバジリカ大聖堂。一般的に 「サクレ・クール寺院」といえばモンマルトルの丘に建つ物をさすが実は同名の協会は フランス各地にも存在する。
→散策
12:30頃 オペラ座近くの免税店で解散

…大体の地理感が頭に入り、パリの街の様子が目に焼きついたらさらに動きやすくなる。 ルーブル美術館やディズニーランド・パリなど地下鉄やRERを使って自力で行ける自信がついた。

今まで知らなくてこのツアーで学んだことをまとめてみると…

■エコール・ミリテール
…ナポレオン1世が通った陸軍士官学校。(エッフェル塔の近くにある)
■ナポレオン・ボナパルト(ナポレオン1世)
…1769/8/15生まれ~1821/5/5没。フランスの軍人であり政治家、後に皇帝を名乗る。 フランス革命後の混乱を収拾、軍事独裁政権を樹立、イギリスを除くヨーロッパの大半を手中に収めた (ナポレオン戦争)。「ナポレオン法典」の制定でも有名。
■ルイ16世
…フランス革命(1789年~)後の革命裁判により1793/1/21ギロチン処刑されたフランス最後の絶対君主。
■マリー・アントワネット
…ルイ16世の王妃。夫ルイ16世と同じく革命裁判により1793/10/16コンコルド広場でギロチン処刑された。

セーヌ川
パリの街を育んだ母なる川・セーヌ川。パリの歴史はこの川のシテ島から発展していった。

パリの観光マップ
パリの観光マップをまとめてみたら、やはりセーヌ川に沿って観光名所も多いようだ。

唐突ですが… 僕たちのアイデンティティは…

僕たちは映画やドラマの影響でアメリカの事は割合知っている。 例えば偉人の話とかで「アメリカ大統領」とか「ファーブル」とか知ってる。 有名なアーティストも「エルビスプレスリー」とか知ってたり…。

でもフランスの偉人とかあんまり知らない。 例えば「ルイ14世」って僕は知らなかった。 「ナポレオン3世」に至っては存在すら知らず、 「モンマルトルの丘」に著名な画家が集まっていたことも知らなかった。

並べ立てられて有名な画家の名前もピカソ、モネ、マネ、ルノワール、ゴッホなどは わかるがそれ以外の8割の画家の名前はわからなかった。

自分たちが「アメリカナイズ」されている事に改めて気づく。

■フランス・パリのホテル情報を…
>> トリップアドバイザーで探す。

■フランス・パリのオプショナルツアーを…
>> VELTRAで探す。



シャンゼリゼ通り(Avenue Champs-Elysees Paris, France.)の地図

■サイト内キーワード検索
Booking.com
キャンプの日程調整ツール 調整さん