ホステル コリア チャンドックン

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

正面外観。

娘とNonは3年半前の韓国で泊まった「インノ・ホステル」への宿泊を希望していたが、残念ながら韓国行が決まった段階で既に空き部屋がなかった。

前回ホステルのパブで他のゲストと楽しく交流できたのが気に入っていたようだ。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

ホテルの裏通り。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

昌徳宮は目と鼻の先。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

一階はレストランとレセプション。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

2階は貸衣装のショップ。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

ファミリールーム。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

スタジオ感もある。

ちなみに韓国の伝統的床下暖房「オンドル(온돌:温突)」完備。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

トイレ、シャワールーム。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

屋上テラス。

ここのガラスハウスの中に洗濯機があり、開いている時なら自由に使わせてもらえる。

そういえば以前も韓国の別のホテルで洗濯機ただで貸してもらったな…。

 

また1階フロントに「ラウンドリー・サービス(洗濯)」を頼む事も出来て、1回5,000W(約463円)。

5人もいるので、2日分の洗濯物でも結構な量があったが、料金は「量」ではなく「回数」で決められているようだ。

 

僕達は荷物を減らすため、ラウンドリー・サービスを始めから当てにしていて、

「服は3日分。」

で韓国に来ていたので結局、ラウンドリー・サービスを2回利用して、洗濯機も一度使わせてもらった。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

喫煙可なので、ここに入り浸る。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

ホテルの玄関前に設置されたテーブルで食事もできる。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

朝食はこんな感じなのをお好きなだけセルフで。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

食事風景としてはこんな感じ。

宿泊客は僕達が過ごした7日間では、西洋人と東洋人半分半分くらい。西洋人はフランス人が多かった。

 

韓国ソウル ホステル コリア チャンドックン

人が多い時はこんな感じ。

 

ホステル コリア チャンドックン

(Hostel Korea – Changdeokgung)

朝食付:8:00-9:30

韓国スタイル ファミリールーム一室一泊 KRW 85,000(約¥7,843)税・手数料込。