インノホステルの朝

 

可愛いカフェ - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
朝早く目が醒めたのでインノホステルの周辺を散歩する。 この辺りは住宅街だが所々に可愛いカフェが点在している。 煉瓦の街並みにポツンと佇むカフェが街並みをよりお洒落に感じさせる。カップのコーヒーを買う - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
セブンイレブンでカップのコーヒーを買う。 日本のコンビニカフェと違って、 インスタントコーヒーを買って、備え付けの給湯器でお湯を注ぐ方式。 ホステルの朝食が9:00からしか開かないので寝起きの体にはインスタントでもあるだけうれしい。

チェス - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
朝食タイムが始まって食事を摂りに来た哥哥と姐姐は早速チェスを始める。 トーストにジャム、持ち込んだジュース、それだけでは足りないようで 別途でチュロスをオーダーしていた。

サッカーを楽しむ妹妹 - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
トーストを全員分焼いて終わった妹妹は一人サッカーを楽しむ。

明洞へ移動

 

12:00過ぎには明洞に - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
今日も哥哥の案内で移動する。12:00過ぎには明洞に着いた。

明洞駅内ministop - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
さあ、今日のホテルもゲストハウスに近いタイプで大通り沿いとかではなく、 結構わかりにくい場所にある。

…キッズ達、頑張ってホテルまで行ってくれ。

このministopで哥哥のiphone用に ollehプリペイドWiFiカードを 購入して設定しつつ、ホテルの場所を地図で確認とかバタバタとしていたら、 親切な韓国の男性が「何かお困りですか?」と声を掛けてくれた。

哥哥と僕が T-moneyカードを取り違えて、 改札でエラーを出しまくって困っていた時も韓国の若い女性が駅員さんを呼んできてくれたりと、 全体的に韓国の人達は親切に感じる。

ソウルメトロ4号線・明洞駅 - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
ソウルメトロ4号線・明洞(Myeong-dong)駅は「明洞駅地下商街」があったり、出口が10番まであったりで 出口を間違うと結構歩く羽目になる。

明洞の街中、ミリオレ側に出たければ6番出口だが、 南山側に出たければ大通り忠武路を挟んで反対側の1、2、3か4番に出る。 今回のケースだと南山ケーブルカー乗り場の近くにホテルがあるので3番出口、 パシフィックホテルの向かいに出るのが一番近い。 しかし僕たちは5番出口からでて忠武路を横断し4番出口辺りから山に登るルートをとった。 まあ、哥哥的には近道かどうかは別として目的地までのルートは明確だったようなのでいいのだけれどね。
明洞マップ

B my guesthouse - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
この辺りはゲストハウスが多いようで 「B my guesthouse」や 「Welcome guesthouse」など ソウルタワーに続く坂道の途中でたくさんのゲストハウスを見かけた。

i house - 明洞へ(The way to Myeong-dong.)
やっと今日の宿「i house」を発見。へ~、本当に高いところにあるな…。でも景色は最高だ。

■韓国のホテル情報を…
>> トリップアドバイザーで探す。

■韓国のオプショナルツアーを…
>> VELTRAで探す。

>> 明洞のホテル情報はココをクリック。


■サイト内キーワード検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
Booking.com
キャンプの日程調整ツール 調整さん