香港の街・九龍地区(Kowloon Area)


香港の西側にある香港国際空港(機場)から都市部へは空港エクスプレスが走っていて 20分程度で移動する事ができる。


エアポートエクスプレスは「博覧館 – 機場 – 青衣 – 九龍 – 香港」と間の街をかなり 飛ばしていわゆるシティと空港の間を結んでいる。


チケットを買おうとして列に並んでいたら、係の女性がやってきて、 「急いでいるならチケットを買わずに列車に乗っちゃっていいわよ」と 言ってきた。 「あ、そうなの。どどどどーすんのさ?」 と聞き返したら写真の紙を渡され 「降りてから清算したらいいわよ」との事。
…あ、はい、わかりました…。


とりあえず九龍で下車し


乗車賃を清算した。 …まずは地下鉄(香港MTR)の地図と街の地図が欲しい。 全く都市の概要が呑み込めない。 以前きた時とは空港も新しくなっちゃって場所も違うし、 「危ない」と思ってた九龍は近代化してるし…。 もうこれは初めて来た土地と言っていいくらい過去の記憶が役に立たない。


駅構内もこんな感じ。


このタイプのゴミ箱兼灰皿は香港、中国共通。…結構街中で喫煙できるのね。 シンガポールなら大変なことになるけど…。

香港MTRスマホアプリ

香港でMTR(地下鉄)を利用するならこのアプリがとても便利。

[iPhone版]
http://itunes.apple.com/hk/app/mtr-mobile/id369295276?mt=8
[Android版]
http://www.appbrain.com/app/mtr-mobile/com.mtr.mtrmobile

乗る駅と降りたい駅を設定すると、行先までの料金や時間、乗継ぎ駅がわかるし 路線図があるのも便利。

発展する都市…


1997/07/01が香港返還。
イギリスの置き土産として現在の香港国際空港が1998年に完成。
近代化を続ける九龍、新界(ニューテリトリー)。
…そういえば韓国、東大邱の駅前も大がかりな工事をしていて、 大きな駅前ビルを作っていた。


すでに都市化が済んでいる東京や大阪はリノベーションや解体、建設のフェーズに入っているが、 広大な前時代的低層住宅が広がる九龍では高層近代都市化が急ピッチで行なわれているのだろう。


すでに高層ビル群が存在する香港島のそれは老朽化の様相を呈し、 現代の建築基準では強度や景観に問題有とされそうなものが目立ってきている中、


香港の経済の中心は少しずつ「香港島北部」から「九龍」、ベットタウンはさらに内陸部に広がる 広大な新界(ニューテリトリー)へと移ってきているように感じる。

地下鉄(香港MTR)、香港島へ移動


今回のホテルは香港島北部、維多利亜港に面する炮台山(Fortress Hill)。 まずは荷物を置きたいので中環(Central)まで行き、 地下鉄を乗り換えて炮台山へ。


う~ん。近代的だ。


地下鉄内の路線図はランプで現在地がわかる。 …親切だ。


駅を出て街を歩いていたらこんな車を発見。


炮台山(Fortress Hill)駅を地上に出たらこういった街並み。。


ここが今回の宿泊先「城市花園酒店 香港(City Garden Hotel)」。


ホテル周辺には高層マンションが立ち並んでいる。 一階がテナントになっていてスパーマーケットや不動産屋さん、飲食店などが入り、 高層マンションの向こう側は「維多利亜港(Victoria Harbour)」。 水辺を隔てたその向こう側は中国への列車の起点となる「ホンハム駅(Hung Hom)」のある九龍南部エリア油尖旺区。

■香港のホテル情報を…
>> トリップアドバイザーで探す。

■香港のオプショナルツアーを…
>> VELTRAで探す。



九龍(Hong Kong.)の地図

■サイト内キーワード検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
Booking.com
キャンプの日程調整ツール 調整さん