| | 簡中 | 繁中

アテネへ2

On the way to Athens.

オリンピア古代遺跡も「放置」の感はあったが知名度からして保護対象にはなっているのだろうが、 他にも点在するローマ時代の建造物跡はその規模や状態からして 放置されているとしか思えなかった。

もっとも歴史的にどういう価値があるのか研究されてないようなものも沢山あるだろうから、 全部を保護するというのは難しい事なのだろうが…。

ペロポネソス半島を少しずつ東に移動しながら僕たちはアテネに近づいて行った。

アテネの前日(The day before Athens)

On the way to Athens.
もう明日はアテネに入るという日に、僕たちは海辺に浮かぶちょっと変わった宿を見つけ そこに泊まる事にした。

幸いオーナーのギリシャ人男性は昔イギリスに居た事があるらしく久しぶりに レベッカ以外の英語を聞く事ができた。 これまでの村では英語が通じなかったので、このオーナーからはこの辺りの話を根掘り葉掘り 聞いた。

On the way to Athens.
▲海に浮かぶ宿から少し離れたところにある町。
数百メートルの街並みの中に商店や食堂など生活に必要なお店がちゃんとある。

On the way to Athens.
On the way to Athens.
On the way to Athens.
▲大きなビーチはないがちょっとした砂浜はありそこで海に入る。 もちろん周りには誰もいないプライベートビーチ。 …ってか、そういう事するビーチじゃないか…。 今までほこりまみれの古代遺跡(Ancient ruin)ばかり見て歩いていたので、 少し海に浸かってみたかった。

▼翌日あっさりと僕たちはアテネに到着した。
On the way to Athens.
Athens.
アテネに到着した僕はレベッカと別れアテネの街をあてもなく見て回った。

アテネの街はやはり大きく活気が感じられた。大都会らしく人々も慌ただしく動いているが 東京やロンドンのそれとは違い海洋性の南国らしく、バスの運転手もチケットセンターの女性も 陽気でさばさばしていた。

いつものように観光案内所でパンフレットをもらうと アテネの市街観光と同じくらいエーゲ海の島々へのクルーズの情報が掲載されている。

…う~ん、地中海の島… 魅力的な響きじゃん…。

早速エーゲ海の島々への窓口でありエーゲ海クルーズの拠点ピレウス(Pireas, greece) に。

…思っていた通りバックパッカーが山のようにいた…。ラッキー!

■ペロポネソス半島のホテル情報を…
>> トリップアドバイザーで探す。

■ペロポネソス半島のオプショナルツアーを…
>> VELTRAで探す。



エーゲ海(Aegean Sea)の地図

■サイト内キーワード検索
Booking.com
キャンプの日程調整ツール 調整さん