世界を旅するフォト・エッセイ。
世界を旅するフォト・エッセイ。(pc-PC)
ドバイ(UAE)ってどんなところだろう[English]



ブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)とドバイモール(The Dubai mall)
[2014/03] ブルジュ・ハリファ (英:Burj Khalifa)。2014年5月時点で「世界一高い超高層ビル(828m)」。 124階(高さ約442m)の展望台「アット・ザ・トップ」にのぼる事ができる(有料)。 日本語では「バージュカリファ」と表記される場合もある。滞在中、ブルジュ・ハリファを見かける度に 全体を撮ろうとしたが、遠くからだと他の建物が邪魔になり結局全体写真を撮る事はできなかった。

ドバイ(UAE)ってどんなところだろう

ドバイ砂漠サファリツアー(Dubai desert safari tour)
砂漠サファリツアー(Dubai desert safari tour)
まるでジェットコースターに乗っているようなスリルを味わえる。 いや、ジェットコースターなら高い安全性が確保されまず振り落とされたりしないが、 ドバイの砂漠サファリツアーは生身の人間が運転する四駆に身を任せる。 また、ジェットコースターなら5分程度でその恐怖は終わるが このドライブは30分近く続く。
砂漠サファリツアーの体験記へ
ドバイメトロ(Dubai Metro)
ドバイメトロ(Dubai Metro)
2009年9月9日開業、その当時の日本の技術の粋をかけて作った「世界最長の無人全自動運転(ATO)の鉄道」。 ドバイ国際空港から南西に走るレッドラインと丁度2年後に開通したグリーン・ラインからなる。 もちろん新しいからというのもあるけれど、2014年時点で世界一。駅のデザインもかなりお洒落。 僕はこの列車に乗りたくてこの国に行った。
ドバイメトロの体験記へ
ドバイモール(The Dubai Mall)
ドバイモール(The Dubai Mall)
世界最大のショッピングモールとして2008年10月30日に開業。 室内アイススケートリンク、世界最大の室内スキー場、22の映画館、世界最大規模の水族館、 1,200のテナントが入居する施設…。 やたらと「世界一」にこだわるドバイの中でも地元の人にも観光客にも人気のスポット。
ドバイモールの体験記へ
エミレーツ航空(Emirates Airline)
エミレーツ航空機内(Inside of Emirates Airline)
ドバイを拠点とする航空会社で 「World’s best Airline in 2013」を獲得し、世界一の航空会社となった。 「ice」と呼ばれる機内エンターテイメントの充実、 「OnAir Wi-Fi サービス(有料)」の実施、 ホスピタリティの充実、世界中くまなく乗り入れる利便性など 注目度が高い。 乗務員も世界各国から採用されていて乗客の多様性に対応できるのがいいのかもしれない。 エミレーツ航空で働く人たちを称して「エミレ―ター」と呼ぶ。 この飛行機に乗るのも僕の旅の目的のひとつだった
エミレーツ航空の体験記へ

■ドバイのホテル情報を…
 >> トリップアドバイザーで探す。
 >> エクスペディアで探す。
■ドバイオプショナルツアーを…
 >> VELTRAで探す。

各エリアのアップデートな情報やこの記事へのご感想などご記入いただければ幸いです。





>> ドバイのホテル情報はココをクリック。
【ドバイについて】
ドバイ(Dubai)首長国は1971年に結成されたアラブ首長国連邦(UAE:United Arab Emirates)を構成する首長国のひとつ。 UAEは7つの首長国からなる連邦国家だが国土の大部分はアブダビ首長国が占めておりドバイ首長国の面積は第二位。

経済的には1920年までの真珠採取と漁業、中継貿易が主な産業で未熟だったが、 1970年前後にアブダビ首長国が石油産出で成功すると様相が変わってくる。 1980年代にはラーシド首長指導のもと経済政策として産業の多角化が推し進められ、 金融、流通、観光における世界的成功を収め今に至っている。

ちなみにUAEを構成する首長国は
 アブダビ首長国
 ドバイ首長国
 シャールジャ首長国
 アジュマーン首長国
 ウンム・アル=カイワイン首長国
 フジャイラ首長国
 ラアス・アル=ハイマ首長国
となっている。

ドバイの地図(Map of Dubai.)

 ■サイト内キーワード検索
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】
Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】
Booking.com
海外現地オプショナルツアーなら【Alan1.net / VELTRA】
agodaで検索!

コメント

[ドバイ(UAE)ってどんなところだろう]
ページトップへ
世界を旅するフォト・エッセイ。