アデレイド・南オーストラリア州・州都

View of bush.

メルボルンのソブリン・ヒル観光を終え、とりあえずある程度見てしまった感がしたので、 再びグレイハウンドに乗ってアデレイド(Aderaid)に向かう。 窓の外には何にもない大地のブッシュ(低木)がどんどん後ろに流れていく景色が続く。

アデレイドに到着

In the night in Adelaide.
さあ、アデレイドに着いた。

こうなってくるとオーストラリア一周の旅は楽しいのだろうかという疑問もでてきた。 「お金がない」→「貧乏旅行」→「お金をかけないで観光する」→「町をぶらつく」 →「すぐに見終わる」→「次の街へ」

事前に「わー、アデレイドってどんなとこだろう~」と夢を膨らませている訳でもないので、 その町に着きインフォメで地図をもらって、その場所の面白さが頭に浮かばないと スルーしてしまう。んで、後で「あれ行っとけばよかったんじゃね?」と思う。 元より金のかかりそうなところはパスしがちなので…。 実際、メルボルンは一泊二日で離れてしまった。

だって、あと数日いたって行くとこないんだもん。思いつかなかったんだもん。 なら次の街じゃん?でしょでしょ?

と思うのだが、バスに乗って考えると俺は「メルボルンに行った事がある」のではなく、 トランジット(乗り換え)ついでにちょっと観光してみた。つまり 「メルボルンを通過したことがある」と言わざるおえないのではないか…。 はたまた、ホントはお金をかけなくてもメルボルンにはまだまだ楽しい所があったんじゃないか? 俺はそれに気づいてないだけではないか? …と思ったりする。

ま、いっか。もう出ちゃったんだし。

ユースホステルに泊まる

Adelaide
アデレイドでは待望のユースホステルに泊まる事ができた。 あまり自分から友達を作りに行くタイプではないので ここでも基本的には一人行動になってしまった。

とはいえ、数日の滞在の間でユースの旅人達に誘われて何度か飲みにも出かけた。 とりわけ西洋の出身者達はユースの中でも外でも大騒ぎという感があり、 まだまだシャイな日本人の僕は彼らに引きずられる形でバーに出かけた。 19歳の子供という事もあり日本人がいないという緊張感もあり、あっという間に 潰れてしまい、抱えられてユースに戻ってたりして記憶的にも怪しい ひと時だったがとても楽しかった。

Adelaide
Adelaide
Adelaide
実はここで出会ったイギリス人が後々イギリスに行った時に凄い助けになった。 彼のは前はクリフォード・ハリス。 僕がイギリス・ロンドン・ヒースロー空港(Heathrow Airport)のイミグレ(入国審査) で日本人にしては風貌がおかしく旅行期間も長いという理由で 引っかかり、荷物から靴から全てチェックされ空港内で完全に拘束された時、 荷物の中のアドレス帳にクリフのイギリスの住所があり問い合わせが行き、 彼はアデレイドで飲んで遊んだだけの僕の身元引受人になり、 空港まで迎えに来てくれた。 身元を引き受ける訳だから、そこでサインもしていたし、もし僕がなにか問題を起こしたら イミグレの記録で彼は責任を問われるはずなのにだ。

果たして逆の立場なら僕はそこまでできただろうか…
いずれにせよアデレイドのユースは色々な意味でいい経験になった。

Adelaide
On the way of Adelaide to Perth.
アデレイドを出たグレイハウンドではちょっとくどいオジサマではなく 普通の旅行者と一緒になれた。

■アデレイドのホテル情報を…
>> トリップアドバイザーで探す。

■アデレイドのオプショナルツアーを…
>> VELTRAで探す。



アデレイド(Adelaide)の地図

■サイト内キーワード検索
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
Booking.com
キャンプの日程調整ツール 調整さん